トップページ >> 第4回 瀬戸・藤四郎トリエンナーレ -瀬戸の原土を活かして-

第4回 瀬戸・藤四郎トリエンナーレ -瀬戸の原土を活かして-

「第4回瀬戸・藤四郎トリエンナーレ」参加者募集


 瀬戸は「せともののまち」として1000年以上の歴史と伝統を有し、恵まれた風土を活かしながら偉大な先人達の努力と、それを変革していく新しい発想、技術力そして美的感覚によって、日本のやきもの産地の先導的な役割を担ってきました。瀬戸のこうした役割を再認識し、自然への畏敬の念と先達への感謝、陶都としての誇りのもと、瀬戸市内の陶土採掘場で、“自ら土を採集し” “自ら採集した土で粘土をつくり” “自らその粘土で制作する”公募展を開催します。
 多くの方に瀬戸の優れた粘土を知っていただくとともに、3年に1度、陶芸の原点に立ち返っていただく場として、瀬戸に集い、瀬戸の原土に触れ、作品を作り、新たな交流を生み出すことにより、新たな陶芸文化の創造と伝統技術の継承・発展につながるものと期待しています。

応募要項(募集は終了しました。)

応募資格 開催趣旨をご理解いただける方であれば、どなたでも応募可
応募方法 7月20日(火)<消印有効>までに応募票を事務局(瀬戸市文化センター内)へ郵送または持参してください。
※応募票(応募要項)は、文化センター、市役所市政情報コーナー、
支所、市民サービスセンターなどで配布しています。
下記からダウンロードもできます。
募集要項(PDF)
出品料 不要
審査員 (五十音順・敬称略)
・市野 雅彦(陶芸家)
・隠﨑 隆一 (陶芸家)
・大長 智広 (京都国立近代美術館 研究員)
・花井 久穂 (東京国立近代美術館 主任研究員)
グランプリ(藤四郎賞) 1点 1,000,000円
審査員特別賞4点100,000円
※グランプリ作品は、瀬戸市美術館に寄贈していただきます。
※グランプリ受賞者の展覧会を令和5年春に瀬戸市美術館主催で
開催いたします。
その他 応募規程や諸条件等、くわしくは応募要項をご覧ください。
問合せ先 〒489‐0884 愛知県瀬戸市西茨町113‐3
瀬戸・藤四郎トリエンナーレ事務局(瀬戸市文化センター内)  
TEL:0561‐84‐1093 FAX:0561‐85‐0415


スケジュール

応募受付期間 令和3年7月20日(火)〈消印有効〉
原土搬出 ①8月21日(土)
雨天予備日8月28日(土)
②8月22日(日)
雨天予備日8月29日(日)
※両日とも午前9時~午後4時
作品搬入 令和4年3月18日(金)・3月19日(土)
※両日とも午前10時~午後4時
審査 3月下旬〜4月上旬
審査結果の通知 4月上旬
作品搬出 選外作品 4月9日(土) 午前10時~午後4時
入選作品 5月30日(月) 午前10時~午後7時
表彰式 4月16日(土)  午前9時~
作品展示 4月16日(土)~5月29日(日) 午前9時~午後5時