■ ==瀬戸染付体験教室==  


 「瀬戸染付体験教室」を開催しました。

日時:2014年7月26日(土)
午前10時〜、午後2時〜(各約2時間)
場所:瀬戸染付工芸館 本館2階



  今回は五寸皿(径約15p)2枚に、朝顔の文様を描く内容で開催しました。
  染付工芸館スタッフと、研修生や修了生のアドバイスのもと、絵付を体験していた
  だきました。
  後日工房で施釉、焼成し作品をお渡します。
     

 @まず始めに絵付指導のスタッフが絵付
  を進める順序や注意する点等を、実際に
  実演しながら説明しました。
  まずは手ロクロを使って丸く円を描き、文
  様を描く部分と、周囲を区切りました。
   
 
←A鉛筆で下書きをした後、呉須を
  使って筆で描いていきます。
  呉須は「うすい」「ふつう」「こい」の
  三種類、筆は付立筆と面相筆を用
  意しました。
 

 B染付工芸館研修生が指導にあたります。
  今回は最初に輪郭線を描き(骨描き)、
  その後、中を塗る(濃み)順番で描きまし
  た。中を塗る際には、たっぷり筆に含ませ
  た呉須を流し込むように入れ、筆むらが
  出難い方法を伝授しました。

 C描く部分が多く、時間がかかっ
   てしまうため、各自のペースに
   あわせて文様を減らし、調整し
   ました。
   1枚は見本の文様を描き、もう
   一枚はアレンジして描きます。
  
  Dわからないことがあったらスタッフが丁
   寧に指導します。
   今は灰色の呉須ですが、この後釉薬を
   かけ本焼成すると、鮮やかな青に発色
   します。焼き上がりが楽しみですね!

 作品の引き換え期間は、

 2014年8月10日(日)〜2014年9月10日(水)です。
 ※毎週火曜日は休館日のため作品の引き換えができませんので、ご注意ください。