■ ==瀬戸染付を楽しもう!==  


 「瀬戸染付体験教室」を開催しました。

日時:2014年5月24日(土)
午前10時〜、午後2時〜(各約2時間)
場所:瀬戸染付工芸館 本館2階



  今回は五寸皿(径約15p)2枚に、桜の文様を描く内容で開催しました。
  染付工芸館スタッフと、研修生や修了生のアドバイスのもと、絵付を体験していた
  だきました。
  後日工房で施釉、焼成し作品をお渡します。
     

 @まず始めに、当館スタッフが、豆知識講
  座の用紙の内容について簡単に紹介し、
  その後、指導のスタッフが絵付を進める
  順序や注意する点等を、実際に実演しな
  がら説明しました。
  スタッフの机の周りに集まって、見本の
  文様の描き方をご覧いただきます。
   
 
←A鉛筆で下書きをした後、呉須を
  使って筆で描いていきます。
  呉須は「うすい」「ふつう」「こい」の
  三種類、筆は付立筆と面相筆を用
  意ました。
 

 B染付工芸館研修生が指導にあたります。
  今回は桜の花びらを、グラデーションで描
  く方法を指導しました。
  呉須を含ませた筆の先端に少しだけ水を
  つけ、流し込むように花びらを描きます。
    

 C1枚はこちらで用意した文様を
  描いていただきました。
  もう1枚は、自分でアレンジした文
  様を描かれる方もみえます。
  
  
  Dみなさんの作品です。桜の花の数を
   調整し、自分にあったペースで進めま
   した。
   今は灰色の呉須ですが、この後釉薬を
   かけ本焼成すると、鮮やかな青に発色
   します。焼き上がりが楽しみですね!


 作品の引き換え期間は、

 2014年6月11日(水)〜2014年7月11日(金)です。
 ※毎週火曜日は休館日のため作品の引き換えができませんので、ご注意ください。