■ ==企画展のお知らせ==  


ただいまの展覧会

企画展「染付−青と白−」


会期:平成30年6月27日(水)〜9月24日(月・祝)
場所:交流館2階
 

  染付は、呉須による“青”と生地の“白”のコントラストが美しいやきものです。
 青一色による表現のため、文様を表す技法や配置を工夫し、描写の技を磨
 くことで、さまざまな染付を制作しています。江戸時代から昭和時代につくら
 れた瀬戸染付の、涼やかな青と白の世界をご紹介します。

  
    染付波に千鳥図舟形花生        染付菖蒲図楕円皿/染付擬宝珠図楕円皿  
      伝川本桝吉  19世紀後期       伊藤四郎左衛門  19世紀後〜20世紀前期
瀬戸市蔵                        瀬戸市蔵
   

瀬戸染付工芸館クイズ@せとなつ
8月1日(水)〜8月20日(月) 午前10時〜午後5時
※景品がなくなり次第終了


染付展示室に掲示のクイズ全10問に挑戦!
楽しく瀬戸市ややきものについて学んでみませんか?
全問正解した方には小さな染付プレート等をプレゼント。
※おひとり様1回限り、回答用紙に住所氏名をご記入いただきます
※景品は選べませんので悪しからずご了承ください。

←景品のイメージ



瀬戸染付工芸館 「新進染付作家作品展」

会期:平成30年4月1日(日)〜平成31年3月31日(日)
場所:本館1階

  青と白の爽やかな器で、暑い夏を涼しげに過ごしませんか?
  一つずつ手づくりされ、一つずつ筆で文様が描かれた新進染付作家による作品を
  展示・販売いたします。あなたの毎日に、ちょっと贅沢なうつわで潤いを与えてみま
  せんか?
    新しい作品が届き次第、随時展示を更新していきます。
  
出品者

明石朋実、石川理恵、井上 匠、大島梓路、大谷昌拡、森本静花、
屋我優人、山下郁恵、松田由岐子、與語小津恵

画像はイメージです

新進染付作家のプロフィールはこちらから



「瀬戸染付工芸館 修了生作品展」
会期:平成30年4月1日(日)〜平成31年3月31日(日)
場所:本館2階

 平成12年に瀬戸市マルチメディア伝承工芸館-瀬戸染付研修所-として
 開館した当館は、平成26年4月に「瀬戸染付工芸館」に改称しました。
 これまでに当館で受け入れた研修生の作品を一堂に展示します。

これまでに開催した展覧会はこちらから