■展示室案内 Exhibition Outline  古窯館 Old kiln house  


古窯01
 

■古窯館 Old Kiln house

古窯(こがま)とは本業窯(ほんぎょうがま)・丸窯(まるがま)とともに近代に活躍した登り窯の一種です。

本業窯が陶器を焼成、丸窯が大型磁器を焼成したのに対し、古窯は陶器と磁器を併焼していました。構造は他の登り窯に比べて、小型で急勾配となっています。

当館の古窯は、主に小型の磁器製品を焼成していました。もとは現在地より南の経塚山(現在の弘法山)にありましたが、昭和22年に移築、昭和39年まで使用されていました。

瀬戸市で唯一残された古窯であるため、平成9年に瀬戸市指定文化財に指定されています。

平成19年11月30日に近代化産業遺産群に認定されました。

 

古窯02

古窯断面図01
古窯断面図02
古窯断面図03